今すぐ受講する

保育士の実技はこれでバッチリ!合格した人が実践する対策方法

保育士の実技はこれでバッチリ!合格した人が実践する対策方法

保育士試験は筆記試験が取り上げられることが多く、ついついそちらばかりに気持ちが向いてしまいますが、実技試験の準備も忘れてはいけません。

筆記に受かったからと気を抜くのではなく、実技の対策も万全に行って保育士資格の取得を目指しましょう。

今回は、保育士試験の実技対策の方法をご紹介します。

徹底攻略!保育士試験の実技の合格を目指す

保育士試験の実技をクリアするには、まず試験の内容をしっかり把握することが大切です。

そして、試験内容に合った対策を行うことで合格を目指しましょう。

保育士試験の実技は「筆記合格者のみ」が受けられる

保育士試験の実技は「筆記合格者のみ」が受けられる

まず頭に入れておきたいのは、保育士試験の実技を受けることができるのは、筆記試験の合格者のみです。(※幼稚園教諭免許状所有者等は実技試験が免除の場合があります。)

筆記試験を何回かに分けて合格を目指している人は、実技の受験のタイミングをしっかり見定めておきましょう。

また、実技試験の受験を考えている場合、筆記試験の合格発表前に実技の対策を始めるのがおすすめです。

筆記試験終了と同時に実技対策をスタートさせるつもりでスケジュールを組んでみましょう。

保育士試験の実技は3分野から選べる

保育士試験の実技は3分野から選べる

保育士試験の実技では、次の3つの分野から自分の受験したい科目を2つ選択できます。

  • 音楽
  • 造形
  • 言語

実技試験は筆記試験のように合格科目の免除制度などはありません。

そのため一度に2分野まとめて合格できるように準備しましょう。

実技の分野の選び方は?

実技の分野の選び方は?

保育士試験の実技の3つの分野では、試験内容に違いはあるものの、分野ごとに難易度の差は無いと考えて良いでしょう。

苦手なものを無理に対策して試験に挑むのではなく、得意を伸ばして実際の保育士の業務でも活かすという考え方がベストです。

試験内容を把握して、自分の得意な分野や、対策がしやすい分野を選びましょう。

保育士試験の実技の各科目の解説と攻略

実技の各分野の試験内容と対策方法について解説していきますので、科目選びや試験対策の参考にしてみてください。

実技の分野その1:音楽

実技の分野その1:音楽

音楽の実技試験では、事前に提示される課題曲の弾き歌いが出題されます。

楽器はピアノまたはギター、アコーディオンを選択することができます。

楽譜は手引に記載されていて試験会場内への持ち込みも可能なため暗譜の必要はありません。

楽器経験者や歌が得意な人、楽器を練習できる環境がある人は実技で音楽を選ぶのがおすすめです。

音楽の対策方法

とにかく課題曲の練習を行いましょう。

どれだけ上手く弾き歌いできるかのスキルの高さではなく、表現力を問われる試験です。

大きなミスをせずに演奏し、大きな声で歌えるように練習しましょう。

実技の音楽の対策方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

保育士試験の「音楽」をクリアするには?過去問から合格の鍵を探る

実技の分野その2:造形

実技の分野その2:造形

造形の実技試験では、指定されたシーンの絵を描くことが出題されます。

課題の発表は試験当日で、例年、保育のワンシーンが課題になることが多く、事例の様子を条件に合わせて描きます。

テキストを読んでイメージするワンシーンを絵で表現するので、イラストが得意な人は実技で造形を選ぶのがおすすめです。

造形の対策方法

課題として出される事例に毎年共通しているのは「保育士」と「子ども」を描くことです。

また色鉛筆での着色も必要です。

絵のスキルを磨くというよりは、誰が何をしている様子がひと目でわかる絵が描けることを意識しましょう。

過去問を見ながら例題で練習したり、試験当日の環境を用意して対策をするのがおすすめです。

実技の造形の対策方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

保育士試験の「造形」をクリアするには?過去問から見る突破方法

実技の分野その3:言語

実技の分野その3:言語

言語の実技試験では、3歳児を対象にした「お話」が出題されます。

事前に出されるお題の中から一つ選んで、3歳の子どもが集中して楽しめるお話をすることが求められます。

台本の持ち込みはできませんので、お題の絵本などを暗記するか、自分でシナリオを作ります。

誰でも知っている童話がお題になることが多いため、楽器の演奏や絵が苦手な人は実技で言語を選ぶのがおすすめです。

言語の対策方法

言語ではお話の上手さや演技ではなく、子どもに伝わる楽しいお話ができることが求められます。

3歳児でもストーリーを理解できるか、楽しめるかを意識して、お話の練習をしましょう。

最初は絵本の読み聞かせなどから始めて、徐々に本番に近い方法にしていくのもおすすめです。

実技の言語の対策方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

保育士試験の「言語」をクリアするには?実技を徹底攻略!

実技はしっかり対策すれば怖くない!

保育士試験の実技は、表現力を問われるものが多いため、自身も楽しんで受験することが大切です。

実際に保育士として仕事をするときにも役立つスキルですので、スキルを磨くつもりで対策を行いましょう。

 

【令和4年後期】実技試験対策”実質無料”キャンペーン!☜こちらをタップ