今すぐ受講する

保育士試験の「音楽」をクリアするには?過去問から合格の鍵を探る

保育士試験の「音楽」をクリアするには?過去問から合格の鍵を探る

保育士試験の筆記試験に合格したら、次は実技試験です。

知識問題ではない実技試験に苦手意識がある人は、事前にしっかり対策をしておきましょう。

今回は保育士試験の実技の中から「音楽」をピックアップして、その対策方法について解説していきます。

保育士試験の”音楽”とは?

音楽と聞くと、歌や楽器など様々なものが思い浮かびますが、保育士試験の音楽ではどのような課題が出されるのでしょうか?

音楽の試験内容

音楽の試験内容

音楽の試験では、課題曲の弾き歌いが出題されます。

課題曲は受験申請の手引きに楽譜(メロディとコードを表記)とともに記載されます。

自分で楽譜を用意することも可能で、楽譜は試験会場への持ち込みが可能です。

使用する楽器は、ピアノ、ギター(アコースティック)、アコーディオンのいずれかで、ピアノ以外は、自分で楽器を用意して試験会場に持ち込みます。

歌は、1番のみ歌います。自分が歌いやすいように移調してもよいことになっています。

単に演奏や歌のスキルを見るのではなく、豊かな表現ができているかが評価の基準となるようです。

音楽の過去問は?

平成31年前期試験の内容は、下記でした。

幼児に歌って聴かせることを想定して、課題曲の両方を弾き歌いする。
【課題曲】
1. 『どんぐりころころ』 (作詞 :青木 存義 作曲:梁田 貞)
2. 『バスごっこ』 (作詞:香山 美子 作曲:湯山 昭)

課題曲は毎年異なる曲が指定される傾向がありますが、基本的に保育園でもよく歌われる童謡です。

保育士試験の実技で音楽は選ぶべき?

保育士試験の実技で音楽は選ぶべき?

保育士実技試験では音楽・造形・言語の3つの分野から2つを選ぶため、音楽に挑むべきか迷う人も多いですよね。

実技試験では、とにかく少しでも自分の得意な分野を選ぶことが合格への近道です。

音楽の実技試験では、楽譜が読めること・楽器が弾けること・それに合わせて歌が歌えることが求められます。

楽譜を読むことが苦ではない人や、楽器や音楽の経験者の方は、練習も比較的クリアしやすいでしょう。

実技試験の他の科目については、こちらで詳しくご紹介しています。

保育士試験の「造形」をクリアするには?過去問から見る突破方法

保育士試験の「言語」をクリアするには?実技を徹底攻略!

楽しく練習しよう!保育士試験の音楽の対策方法

楽器や歌の経験者も、経験がない人も、音楽の試験はしっかり練習することが合格への近道です。

実技試験の対策は筆記試験の結果が届くのを待っていると、十分に時間がとれない場合もあります。

筆記試験の自己採点をしたらすぐに準備して対策を行いましょう。

受験申請の手引きは熟読!

受験申請の手引きは熟読!

保育士試験の受験申請の手引きには、実技試験で「求められる力」が記載されています。

これはつまり評価のポイントです。

その点をしっかり意識しながら繰り返し実技試験の練習をしておくと効果的です。

音楽の試験対策方法

音楽の試験対策方法

音楽の試験では、まずは2つの課題曲の両方を弾き歌いをします。

手引きに記載された楽譜であればそのまま練習できますし、他のものがよければ楽譜を準備します。

楽譜は試験会場に持ち込むことができますが、暗譜(何も見なくても伴奏して歌えるように)しておきましょう。

前奏・後奏を付けてもよいことになっていますが、なくても構いません。

リズム感、テンポ、音の強弱など曲調に合わせた歌と伴奏をします。

子どもたちが楽しく歌えるように、一緒に歌う感じでしっかりと歌うことが重要です。

音楽の練習のコツ

音楽の練習のコツ

楽器に触れることがしばらくぶりな人は、いきなりうまく歌いながら伴奏することは難しいので、試験日まで毎日声を出して練習しましょう。

伴奏は特段凝る必要はないので、自分の技術レベルに合った伴奏をして、歌うことをメインに練習しましょう。

電子キーボードで練習する場合、実際のピアノとは鍵盤の重さが異なりますので、試験前にピアノで練習しておくことをおすすめします。

公共施設や民間の音楽教室やピアノ練習スタジオなどを利用してみましょう。

演奏や歌を失敗したときには?

失敗しないようにしっかり練習することが大切ですが、試験本番で失敗してしまったときのことも想定しておくとベストです。

試験本番は途中で間違えても明るく元気よく最後まで歌うことが重要です。

練習のときにも間違えたら止めるのではなく、続行する練習もしておきましょう。

出だしで間違えた時は、試験委員にやりなおしの許可をもらってからやり直すことができます。

音楽をクリアして保育士を目指そう!

音楽の試験内容は保育士になってからも役立つスキルです。

この機会に試験対策と合わせて身につけるというのもおすすめです。

しっかり対策をして保育士を目指しましょう!

 

【令和4年後期】実技試験対策”実質無料”キャンペーン!☜こちらをタップ