今すぐ受講する

【目指せスキルアップ】保育士が持っていると役立つ資格5選

【目指せスキルアップ】保育士が持っていると役立つ資格5選

保育士さんがキャリアアップする方法の一つとして資格の取得があります。

保育士資格にプラスして資格を取得することで、新しいスキルを身につけたり、今持っているスキルを磨いたりできますよ。

そこで今回は、保育士さんのスキルアップに役立つ資格をご紹介します。

専門学校や大学に通わなくても取得ができるものをご紹介しますので、働きながらや比較的短い学習期間で取得できるものばかりです。

保育士としてのキャリアプランも考えながら取得を検討してみましょう!

目指せスキルアップ!保育士さんが持っていると役立つ資格5選!

保育士資格を取得すれば保育士として働くことができますが、性格や考え方が様々な子どもたちと過ごし成長を手助けするには、基本的なスキル以外も磨いておくのがおすすめです。

自分の強みを磨いたり、幅広い知見を身につけることは、リーダーとして活躍するきっかけにもなります。

ただ資格を取得することを目的にするのではなく、学習する中でスキルや知識を身につけることを意識しましょう。

それではさっそく、保育士さんにおすすめの資格をご紹介します。

1.育児セラピスト

1.育児セラピスト

育児セラピストは育児の専門家としての資格です。

育児に悩む親をサポーターという立場で導くことで、自信を持って楽しく育児ができるようお手伝いします。

子どもの発達についての知識や保育現場で役立つスキル、また育児イベントを企画・運営するためのスキルや、育児相談にのる際に必要な対人援助スキルを身に付けることができます。

保育士さんは保護者と関わりながら子育てを見守るのも大切な仕事ですので、スキルアップにはぴったりの資格です。

資格の取得方法

育児セラピストには、育児や保育の当事者として、育児の実践における基礎的な知識とスキルを学ぶ『育児セラピスト前期課程』、子育て支援において、育児の専門家としてより深い知識とスキルを習得しするための『育児セラピスト後期課程』、さらに、同僚、親といった「大人」を導くための知識とスキルを学ぶ、『育児セラピストシニアマスター養成講座』の3つの講座があります。(出典:一般社団法人日本アタッチメント育児協会

育児セラピストは年に数回開講される講座を受けることで取得できます。

講座は1日のみですので、保育士さんも参加しやすいですよ。

資格の詳細を見る

2.絵本専門士

2.絵本専門士

絵本専門士は、絵本に関する高度な知識、技能及び感性を備えた絵本の専門家です。

絵本を使って子どもだけでなく大人の心も豊かにする力を養うことができます。

子どもたちに絵本を読んであげる機会の多い保育士さんには、読み聞かせのスキルアップや表現力のスキルアップに役立ちます。

資格の取得方法

絵本専門士の資格は、養成講座を受けることで取得できます。

養成講座は30コマの授業(1コマあたり90~120分)と修了課題により構成され、期間は6ヶ月程度です。

1ヶ月〜2ヶ月に2日間の日程で養成講座が開催されるため、全てに参加し知識とスキルを身につけます。

保育士資格を持っている人であれば応募資格を満たしますが、70名の定員をオーバーした場合は受講者選考が行われます。

資格の詳細を見る

3.幼児食インストラクター

3.幼児食インストラクター

幼児食インストラクターは幼児食に関する知識と、子どもたちの健全な食生活を支えるインストラクター資格です。

食育に力を入れている保育園も多く、給食やおやつなどの時間で子どもたちの食事に携わる保育士さんにおすすめの資格です。

幼児食の基礎知識はもちろん栄養や食物アレルギーに関する知識も身につけることができます。

資格の取得方法

一般財団法人日本能力開発推進協会が行う認定講座を受験後、試験に合格することで資格の取得が可能です。

資格試験の受験は在宅でできるので、保育士として働きながらでも取得しやすい資格です。

資格の詳細を見る

4.幼児教育・保育英語検定(幼保英検)

4.幼児教育・保育英語検定(幼保英検)

乳幼児との会話、園内の教育・保育に焦点をあて、現場に即した実用英語を習得することを目的とした資格です。

保育園のグローバル化が進む中で注目を集めています。

英語教育に力を入れる幼稚園や保育園も増えているため、資格を取得することで、英語教育ができる保育士としての活躍が期待できます。

資格の取得方法

資格試験に合格することで取得できます。

試験は年に3回行われており、4級は筆記のみ、3級と2級は筆記+リスニングです。

また、準1級 と1級は1次試験として筆記(ライティングを含む)+リスニングが行われ、実際に会話を行う2次試験も行われます。

それぞれの級の難易度や出題目安も提示されていますので、自分のスキルに合わせて受験し、どんどんレベルアップも目指すことができる資格です。

資格の詳細を見る

5.幼稚園教諭免許

5.幼稚園教諭免許

保育士資格を持っている場合、特例制度を利用することで通常より少ない科目数の習得と教育職員検定に合格することで、幼稚園教諭免許を取得することができます。

認定こども園などでは幼稚園教諭免許と保育士資格の両方を取得している人を募集している場合もあり、両方を取得する保育士さんも増えています。

活躍の場を増やしたい保育士さんにおすすめの資格です。

資格の取得方法

幼稚園教諭免許は一種と二種があり、一種では出願時に学士の学位があること、二種では出願時に高等学校を卒業していることが必須条件になります。

また、どちらの資格も保育士として3年かつ4,320時間以上の実務経験があることが条件です。

保育士として経験を積んでいることが条件ですので、新人保育士さんは受験することができません。

教育職員検定は各都道府県によって開催時期や開催回数が異なりますので、受験の前に各都道府県の教育委員会に確認しましょう。

資格をとってスキルアップを目指そう!

今回は保育士さんのスキルアップにおすすめの資格をご紹介しました。

資格を取得することで、できる業務の幅が広がったり、活躍するフィールドが広がる可能性が高くなります。

ぜひスキルアップを目指しましょう!

転職・就職が決まると
お祝い金がもらえる
保育士専門の転職サイト

あなたに合った保育の求人を探して、
お祝い金 最大 30 万円 をもらおう。

Hoikuroo Job(ホイクルージョブ)のカンガルー
Hoikuroo Job(ホイクルージョブ)ロゴ

ってなに?

Hoikuroo Job(ホイクルージョブ)は、保育士の求人を自分で探して自分で応募できる求人サイトです。たくさんの方にサイトを使って頂きたくて、高額なテレビCMや広告費用をできる限り抑え、代わりに採用お祝い金を応募者の方々に還元しています。採用が決まってお祝い金を受け取ったら、ぜひお友達への口コミやSNSでHoikuroo Jobを広めてください!

お祝い金について詳しくみる