今すぐ受講する

保育士資格が活かせる仕事まとめ!保育園以外で活躍できる就職先とは?

保育士資格が活かせる仕事まとめ!保育園以外で活躍できる就職先とは?

リアルな保育園情報は【KYOSHIN ECE】のウェブサイトで!☜こちらをタップ

 

保育士資格は保育士になるための資格だと思っている人も多いですが、保育園以外にも幅広いお仕事やシーンで役立つ資格です。

保育士資格を取得することは、活躍の場を広げることにもつながります。

今回は、保育士資格が活かせる仕事をまとめて紹介します。

就職先が広がる!保育士仕事が活かせる仕事まとめ

保育士資格は一度取得すると一生ものの資格であるため、再就職や転職にも役立ちますよ。

出産や育児、介護や、家族の転勤で仕事を辞めることになったときにも活用することができます。

保育士資格の活用方法を知っておきましょう!

保育園・認定こども園

まずは保育士資格を取得した人の多くが働く保育園や認定こども園です。

保育園や認定こども園では保育士資格を持っていることが採用の条件になっていたり、保育士資格所持者は待遇面やキャリアアップの面で有利になることがあります。

企業内託児所

大きな企業では、社内で働く人の子ども預ける保育園や託児所を完備している場合があり、保育士資格を活かすことができます。

企業内託児所では0歳〜小学校入学前までの子どもを預かることが多く、保育園での仕事と大きく差はないでしょう。

企業によっては子どもの月齢ごとのクラス分けなどは行わず、幅広い月齢の子どもたちをまとめて面倒を見る場合もあります。

休日や勤務時間は企業に合わせて決められるため、ワークライフバランスが充実しているという特徴が挙げられます。

病院内託児所

病院で働く医師や看護師のお子さんを預ける保育園や託児所でも保育士資格を活かすことができます。

病院内託児所では0歳〜小学校入学前までの子どもを預かることが多く、保育園での仕事と大きく差はないでしょう。

病院によっては子どもの月齢ごとのクラス分けなどは行わず、幅広い月齢の子どもたちをまとめて面倒を見る場合もあります。

医師や看護師はシフト制で働くことや夜勤があることなどから、病院内託児所では通常の保育園の勤務時間とは異なります。

ベビーシッター

両親や家族の代わりに子どもの面倒を見るベビーシッターでも保育士資格を活かすことができます。

保育園などの集団保育と比較すると、ベビーシッターは子どもと一対一の仕事で、より個性に合わせた保育が行えると言えるでしょう。

ベビーシッターには専用の資格がないため、保育士資格を持っている人や保育の知識や経験がある人が有利になる仕事です。

場合によっては小学生以上の子どもを預かることもあります。

訪問保育(居宅訪問型保育)

保育園に通うことが難しい子ども向けに、自宅に訪問して保育を行う仕事です。

待機児童対策のための制度でもあり、需要が高まっています。

ベビーシッターと同様、一対一の保育になることが多く、保育士資格を持っている方が有利になったり、信頼度もアップするため活かすことができます。

学童保育支援員

放課後や長期期間に小学生を対象に保育を行う学童施設でも保育士資格を活かすことができます。

学童保育支援員になるには基本的には資格はいりませんが、保育にかんする知識や経験がある方が有利です。

また、学童施設には放課後児童支援員資格を持った人を最低1名以上配置する必要があります。

放課後児童支援員の受験資格には、保育士資格を持っていることが含まれているため、将来的に学童保育支援員として活躍する道も検討できるでしょう。

インターナショナルプリスクール

インターナショナルプリスクールは、英語で保育を行う施設です。

一般的な保育園と同様に0歳〜小学校入学前までの子どもを預かる場所ですので、働く条件として保育士資格を必須としている場所もあります。

幼い頃から英語を身に着けたい日本人の子どもだけでなく、帰国子女の日本人や、海外から日本に移り住んだ人も通うことになり、英語力が求められます。

児童厚生施設

児童館などの児童厚生施設でも保育士資格を活かすことができます。

児童厚生施設ではたくさんの子どもたちと触れ合う機会があり、健やかな成長をサポートする場所です。

保育の知識はもちろん、一度保育士として働いたことがある人の経験は重宝されるでしょう。

子育て支援センター

子育て支援センターは子どもを持つ親向けの施設で、親同士の交流ができたりイベントが開催されます。

主に乳幼児の親から子育てや保育に関する相談を受けたり、親と子どもが楽しめる企画を行ったりと、保育士資格や保育の知識・経験を活かすことができます。

子ども服やおもちゃの販売員

毎日の生活で子どもが使用する洋服やおもちゃなどの販売員として働く場合も保育士資格を活かせると言えるでしょう。

採用条件として保育士資格を掲げているところは少ないですが、資格所持者や保育士経験者歓迎の場合が多く、保育の基礎知識を発展させて活かすことができます。

他にも、記念日に子どもや家族の写真を撮影する写真館や、赤ちゃんグッズ専門店なども活躍できる場所です。

保育士資格で活躍の場を広げよう!

今回は保育士資格を活かせる仕事をご紹介しました。

自分のキャリアや将来も考えながら、ぜひ取得を検討してみてくださいね。

 

リアルな保育園情報は【KYOSHIN ECE】のウェブサイトで!☜こちらをタップ