今すぐ受講する

保育士の年収はいくら?気になるお金事情と給料の上げ方

保育士の年収はいくら?気になるお金事情と給料の上げ方

リアルな保育園情報は【KYOSHIN ECE】のウェブサイトで!☜こちらをタップ

 

保育士の年収はいくらぐらいなのかは、就職前に気になる情報の一つですよね。

いくら好きな仕事でも苦しい生活を強いられるのは避けたいのが本心です。

そこで今回は、保育士の年収について徹底的に解説していきます。

そして、年収を上げる方法も合わせてご紹介します。

不安をなくして保育士として活躍しましょう!

正直、保育士の年収っていくらぐらい?みんなが気になる情報まとめ

就職前に気になるのが保育士の年収。

仕事に見合った金額がもらえるのか、賞与があるのかなどを知っておくことで、就職への不安を払拭できますよ。

保育士の年収はいくら?

保育士の年収はいくら?

内閣府が令和元年度に行った「幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査」のデータによると、保育士資格を持っている常勤保育士の月給は賞与込みで30万円前後です。

年収にするとおよそ360万円。

公立保育園も市立保育園も大きく差はありませんが、勤続年数や役職によってはもっと年収が上がることもあります。

保育士の年収は決して低くない!

保育士の年収は決して低くない!

年収360万程度は、国内では決して低くない金額です。

例えば、保育士に多い20代〜40代女性の年収の平均は240万〜400万程度です。

年収には学歴が大きく関係しますが、保育士の場合は学歴よりも資格の有無が重視されます。

学歴に左右されず就職ができる、稼ぐことができる仕事だと考えて良いでしょう。

保育士が年収を上げるには?

平均年収はあくまで”平均”です。

ずっと給料が上がらないというわけではありません。

年収を上げたい場合は、次のことを覚えておきましょう!

給与は保育園によって違う

給与は保育園によって違う

保育園は市町村が運営している場合もあれば、企業が運営をしている場合もあります。

そのため、保育園によって保育士の年収に差が出る場合があります。

就職をするときには、給与形態や給料が上がる見込みがあるのか、賞与はあるのかをしっかりと見ておきましょう。

待遇の改善を求めて他の保育園に転職するという保育士さんもたくさんいます。

勤続年数が関係する場合は正社員を狙う!

勤続年数が関係する場合は正社員を狙う!

勤続年数が長くなればなるほど給料が上がる場合は、長く働くことができる正社員での就職がおすすめです。

正社員の場合、産前産後休暇などの福利厚生が整っていたり、各種手当や賞与がもらえる場合もあり、働きやすくなります。

一箇所で長く働きたい場合は、正社員の求人を探してみましょう。

キャリアアップを考えてみて!

キャリアアップを考えてみて!

保育士資格を持っている保育士は、できる仕事も多くキャリアアップの可能性が広がります。

例えば、主任や園長といった役職につくことで手当がもらえることも。

キャリアアップを視野に入れて保育士としてスキルを磨くことが年収アップにつながります。

保育園以外の就職先もある

保育園以外の就職先もある

保育士資格を持っている人の就職先は、保育園だけではありません。

”保育士”として年収を上げるのではなく、”保育の仕事”で年収を上げることを考えてみましょう。

例えば、企業内保育園や認定こども園で働いたり、保育の知識を活かして子ども服やおもちゃ売り場で働く道もあります!

子どもに関係する仕事がしたい、保育の仕事がしたい、という人は、保育士以外の仕事で年収を上げる手段がありますよ。

保育士は年収を上げるチャンスがいっぱい!

薄給なイメージを持つ人もいる保育士ですが、実は安月給ではありません。

ただし保育士資格を持っていることが前提になっていることが多く、年収を上げるには個人の努力が欠かせません。

保育士の仕事を楽しみながらキャリアアップができるよう、あなたに合った保育園に就職するようにしましょう!

 

リアルな保育園情報は【KYOSHIN ECE】のウェブサイトで!☜こちらをタップ