今すぐ受講する

保育士試験の”社会福祉”の対策をしよう!確実に合格に近づくには?

保育士試験の”社会福祉”の対策をしよう!確実に合格に近づくには?

保育士試験の中でもつまづく人が多いのが社会福祉です。

保育に直接関係することや、子どもに関することならわかるという人が多いですが、社会福祉は実践的ではない知識の部分になってしまうため苦手科目になることが多いようです。

今回はそんな保育士試験の社会福祉の攻略方法をご紹介します。

保育士試験の”社会福祉”を攻略!合格に近づこう!

保育士試験の中でも暗記科目で、どれだけ正確に知識を身につけられるのかを求められるのが社会福祉の科目です。

まずは試験の概要をしっかりとおさえておきましょう。

社会福祉の出題範囲

社会福祉の出題範囲

全国保育士養成協議会のサイトによると、保育士試験の社会福祉の試験内容は大きく分けて下記の5つです。

  1. 現代社会における社会福祉の意義と歴史的変遷
  2. 社会福祉の制度と実施体系
  3. 社会福祉における相談援助
  4. 社会福祉における利用者の保護に関わる仕組み
  5. 社会福祉の動向と課題

法律や社会福祉に関する施策なども出題範囲に含まれるため、保育士試験の勉強をきっかけに新しく知る内容も多いのが特徴です。

なお、こちらの情報は保育士試験を受ける人向けに全国保育士養成協議会のサイトにより詳しく掲載されています。

出題範囲を詳しく見る

合格には何点必要?

合格には何点必要?

社会福祉に合格するには100点満点中の60点以上が必要です。

(※保育士試験では9科目とも合格しなければ実技試験に進むことができません。)

社会福祉の出題形式は?

社会福祉の出題形式は?

保育士試験の社会福祉はマークシート方式です。

問題に対して5つの選択肢が準備されているため、そこから正しい解答を選択します。

マークシート方式なので、わからない問題はとにかく勘でも良いので解答をしましょう。

社会福祉の例題は?

社会福祉の例題は?

保育士試験の過去問題が全国保育士養成協議会のサイトで公開されています。

問題形式や雰囲気を掴むためにも、こちらは確認しておくのがおすすめです。

過去問を見る

効率の良い勉強方法がカギ!社会福祉のおすすめ勉強方法

保育士試験は出題範囲が広く、すべての科目で合格点を取る必要があるため、効率良く勉強を進める必要があります。

ここからは、社会福祉の勉強のポイントをご紹介します。

インプットとアウトプットを繰り返す

インプットとアウトプットを繰り返す

新しい知識を定着させるには、インプットだけでなくアウトプットすることが大切です。

テキストを読んで試験内容を理解するだけでなく、問題演習を行う・過去問題を解くといったアウトプットを行いましょう。

アウトプットとして問題を解くことで自分の苦手部分がわかるようになります。

間違った問題は、もう一度正しい内容をインプットしてから正解するまで解くという風に繰り返しましょう。

自分に関係するものから勉強を始める

自分に関係するものから勉強を始める

社会福祉の問題は一見難しそうに見えますが、私達の生活に関係する内容もたくさん含まれています。

知っている単語や自分に関係している内容から興味を持って勉強を進めると効率的です。

例えば、社会保障制度の内容については、まずは自分に関わる健康保険制度や国民年金制度から勉強するのがおすすめです。

自分の給与から天引きされている保険料やコンビニや銀行で振り込みをしている保険料などを確認してみましょう。

保育士試験の対策になるだけでなく、自分の生活にも活かすことができますよ。

法律名・目的・制定年をチェックする

法律名・目的・制定年をチェックする

社会福祉の施策や事業などは、根拠となる法制度に基づいて行われています。

ですので、保育士試験の対策では必ず法律名制定された時期法律の目的を確認しましょう。

法律の目的は主に前文、第1条、第2条などに明記されています。

法律の条文は、総務省が運営するWebサイト「eーGov(イーガブ)法令検索」を利用すると読むことができますのでこちらを使ってみるのもおすすめです。

https://elaws.e-gov.go.jp/

社会福祉の試験では、法律の条文穴埋め問題、制定順に並べる問題が出題されますので、対策になりますよ。

保育士試験の社会福祉に合格しよう!

暗記問題は苦手という人にとって社会福祉は大敵ですが、効率良く勉強しておけば安心です。

また、保育士試験は筆記試験ではすべての科目で60点以上必達です。

他の科目も合わせて効率良く学習を進めましょう。

保育士試験対策コラムを見る

転職・就職が決まると
お祝い金がもらえる
保育士専門の転職サイト

あなたに合った保育の求人を探して、
お祝い金 最大 30 万円 をもらおう。

Hoikuroo Job(ホイクルージョブ)のカンガルー
Hoikuroo Job(ホイクルージョブ)ロゴ

ってなに?

Hoikuroo Job(ホイクルージョブ)は、保育士の求人を自分で探して自分で応募できる求人サイトです。たくさんの方にサイトを使って頂きたくて、高額なテレビCMや広告費用をできる限り抑え、代わりに採用お祝い金を応募者の方々に還元しています。採用が決まってお祝い金を受け取ったら、ぜひお友達への口コミやSNSでHoikuroo Jobを広めてください!

お祝い金について詳しくみる